7月までとにかく頑張るマヤコ

3月末は本番がぎゅーっと詰まってます。

となると、練習計画の整理が必要。


★3/24ヤマハホール(銀座)では、ブランデンブルク全曲。

通奏低音というのは、普通練習しないものですが、左手の動きが難しい箇所だけはさらっておきます。

ソロのある5番は、前回弾いたのが秋だっけな。
そろそろ指回しして思い出させておきましょう。リハーサルで4日間銀座に通います。



★翌日3/25は相模湖へ。

全く別のプログラムです。桐朋の先輩鈴木理恵子さんとの共演。モダンが続きます…。

バッハのヴァイオリンとオブリガードチェンバロのためのソナタが3曲あるので、こちらは練習が必要です。

ピアソラとヘンデルの合わせ物もあります。(楽譜探さなきゃ!)

私のソロは、スカルラッティの新レパートリーから2曲!

ブランデンブルクやりつつも、これは毎日練習しておかなきゃ。

ここまでは、島口さんのチェンバロです。



★そして3日後の3/28はハクジュホールにてリサイタル。

これもほぼ全て新レパートリー!
バッハに比べたら音は少ないし、スカルラッティに比べたらスポーツ量も少ない。

こんな癒しの音楽を準備する時は、とにかく暗譜をする私。でないと、頭を使わないで、気持ちよく弾いてるだけで演奏会の準備にならないものです。
演奏会の時は頭を使わないで弾きたいからね。

白寿ホールでは、久しぶりに白様(mon clavecin)の外出です。

アメリカで買って来た新しいドレスも待ってる!

あ、ヘアカットにも行かなきゃだ。



★翌3日後の3/31には、少し息抜きのイベント。最後にシャンパン懇親会付きのお楽しみデー。みなさん、遊びにおいで!

場所は世田谷区松本記念音楽迎賓館。

こちらは安達正浩さんのチェンバロです。



★さらに翌日は紀尾井ホールでのリハーサルへ行き、その翌日4/2は紀尾井でコラボのガラコンサート。

古部さん、まろさん、超お久しぶり!

カウンターテノールの弥勒忠史さん、長唄の杵屋巳津也さんとの再共演、こんなにすぐ実現して嬉しい。

あ、ソロも弾きますね。ラモーです。

ホールのチェンバロ使用です。


その後は、

6月末チェンバロフェスでの新しいレパートリーと、7月フランスで弾くスカルラッティに集中集中の毎日。。。

チェンバロフェスティバルは、白様を出します。フランスは知らないチェンバロ(ちょっとドキドキものです)。


その間、九州と岐阜公演(現地のチェンバロ使用)もあります。



そしてフランス公演が終わったら、充電~~~!!!


バカンス目指してイケイケーガンバレ自分!!!