旅に出かけたバッカス君

オレは悪ガキじゃなかったぞ!
えー!そうかい?!
と、突き合う仲間。
ほぼ50年前の過去の話して笑い合える仲間。
小学校の時からの友達っていつでも幼い頃に戻れちゃう楽しさがありますよね。
コンサートにも来てくれたり、今は飲み会できないから、LINEのグループで朝から冗談言って笑ったり、お互い励ましあったり、そんな存在があるって有難いなぁと思います。
そして素敵な学校に通わせてくれた両親に感謝です。

話は変わりますが、昨日は友達2人が、ご飯を持って来てくれてサクッと一緒にお食事。やはり、生で会話する時間も大切。お酒大好きな2人なのに私に付き合ってノンアルコール。
ここまでワインを飲みたいと思わない事は初めて。
あ、いえ、妊娠中以来です。笑
まぁ、自分の中の何かが変化したんでしょうね。
バッカス君が旅にでちゃったらしい。

今週末は、レッスングループの生徒さんたちにSkypeで私の練習中のコンチェルトを聴いてもらいます。
どんな練習をするのかっていうことも見てもらえるし、ステージで聴く前に、途中経過を見れるのも門下生の特権ですね。
私の練習に付き合ってください!なんて言っちゃう人間味あふれる先生です。わっはっはー。

先日のラジオでの私のトークは、
“曽根さんてこんな人だったんですかぁ!”とか
“イメージが変わりました!”

とか言われますが、もう何も隠そうとかっていう意識がゼロだし、自分そのもので話して何がいけないの?って思ってしまいます。
(喋らなければいいのにーって言われることもありますがね…)
原因を考えてみました。
それは今の私の完全フリーの立場からなのかもしれません。
大学教授でもなく、所属事務所からも離れ、デビュー以来初めて完全にフリーなアーチストとしての状況にいるわけです。

23日の村治佳織さんの番組ゲストでのお喋りでは、さすがに彼女のトーンに合わせているので、前回よりは少し落ち着いて話していると思います。
でも内容については何も作ったりしていません。
リモート収録ということもあり、しかもお顔も見ないで電話で喋ってるような感じだったので、収録ということすら忘れて喋っています。

収録お招きいただいたので、今度はお家ご飯デートすることに。
その時は例外でシャンパーニュかな。。 ノンアルの証拠写真載せます。
ご褒美があるらしいので!えへへ。

追伸。私の飲み友達くん達!3月4日の夜にバッカスくんが帰ってくると言ってるので、気長に待っててね〜!