新年のご挨拶です。

皆さまにとって佳き巡り多い音色ひびく2020年となりますように!

曽根麻矢子がチェンバロに出会ってから、約40年。
デビューから約30年。
日本では4つの音楽事務所にお世話になり、
大学で教えることも卒業し、未だかつてない完全なフリーとなって、自分の音楽にじっくりと向き合っています。
今秋から、HAKUJU HALLにて年2回×5年間のバッハシリーズを始めます。
2020年東京のリサイタルは、
3月30日上野の国立西洋美術館(イギリスの曲)、
9月24日はHAKUJU HALL(ゴルトベルク)、
その他、様々な方との共演コンサートを各地で。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

——————

(以下、事務局からお知らせコーナーです)

1月は松本記念音楽迎賓館にて、3つの企画がございます。

~~~

【通奏低音講座発表会及び曽根門下&植山門下ソロ発表会】

1/11(土)13:00開場
13:15~アンサンブル発表会
14:00~植山けい門下生ソロ発表会
15:10~曽根麻矢子門下生ソロ発表会

☆お申し込み不要、入場無料。

~~~

【チェンバロを弾いてみよう!ワークショップ】

1/19(日)14:00~

参加費…500円(チケットレス 当日支払い)

当日は、曽根麻矢子によるデモ演奏後、楽器の説明を行います。
音の出る部分を目の前で見て、お一人づつ鍵盤を触って弦を弾く感触を体験していただく、
ワンコインでご参加できるワークショップです。

お申込み、お問合せ clavecin.pl@gmail.com

~~~

【曽根麻矢子公開チェンバロマスタークラス】

1/26(日)13:00開講

受講料…10.000円(45分/1名)
聴講料…5.000円(1日出入り自由)
※受講生は全てのレッスンを聴講できます。 

お申込み、お問合せ clavecin.pl@gmail.com

受講曲…下記の中から任意の曲(両方でもどちらかでも可)
 ・J.S.Bachの作品
 ・フランスの作曲家の作品

開催に向けて…
チェンバロのテクニックは謎だらけ?その秘密をお見せします。譜面に書かれていない沢山のことを見つけましょう!
チェンバロを専門に学ぶ方、鍵盤楽器経験者だけれどチェンバロは未経験…という方にも、丁寧に優しくレッスンします。ー曽根麻矢子