チェンバロマスタークラス受講生募集!

皆様、こんばんは。秋の虫が絶え間なく鳴いていますね。

以前予告していた次回のマスタークラスをご案内いたします。

せたがやでチェンバロを学ぼう!シリーズpart.11
【曽根麻矢子公開チェンバロマスタークラス】

●開催日・会場
2019/11/30(土)10:30am開講
松本記念音楽迎賓館(世田谷区岡本2-32-15)

●受講料10.000円(45分/1名)
 聴講料 5.000円(1日出入り自由)
※受講生は全てのレッスンを聴講できます。 

●レッスン内容
下記の中から任意の曲
 ・J.S.Bach インヴェンションとシンフォニアから
 ・J.S.Bach 平均律クラヴィーア曲集第1巻から
 ・フランスの作曲家の作品から

●開催に向けて
チェンバロのテクニックは謎だらけ?その秘密をお見せします。譜面に書かれていない沢山のことを見つけましょう!
チェンバロを専門に学ぶ方、鍵盤楽器経験者だけれどチェンバロは未経験…という方にも、丁寧に優しくレッスンします。
ステンドグラスからの光、木の温もり溢れるホールでの好評のマスタークラスシリーズです。

●お申込み、お問合せ
clavecin.pl@gmail.com

そして、こちらの聴講生もまだまだ募集しております!

開催へ寄せて、ガンバ奏者上村かおり氏からのメッセージ、そして曽根麻矢子からのメッセージ、是非ご覧ください。

マスタークラスは、クレール氏による歌のレッスンと、上村氏によるチェンバロのレッスンとなります。

チェンバロを学んでいる方、そして通奏低音を学んでいる方なら、いかにガンバから学ぶことの多いことか、
痛感されていると思います。

しかし、なかなかガンバの方からソロのレッスンをご指導いただく機会というのもないものです。

※クレール氏による歌のレッスンは、1枠追加されました。全マスタークラス終了時間は16:50を予定しております。
※マスタークラス受講生の募集は締め切らせていただきました。

是非この機会に多方面から学びを深めていただけたらと思っております。

開催日10/22は、なんと!今年に限って祝日ですね。

午前中は、お二人よるレクチャー&コンサート。

《バロックの装飾音とディミニューション(Vanité des vanités ~空の空~)》について、

そして、コンサートでは 《歌とヴィオールで旅するバロック時代のヨーロッパ”》と題し、
スペイン・イギリス・フランス・イタリアを巡ります。

フランスバロック界のカリスマと評されるクレール氏、常にヨーロッパの最前線でご活躍される上村氏によるまたとない1日。

皆様のお越しをお待ちしております。

●お申込み、お問合せ
clavecin.pl@gmail.com

The following two tabs change content below.
事務局

事務局

このサイトの作成、運営を行っているチームです。スタッフブログは、交代で書きます。