クリストフ・ルセからのメッセージ

9月27日のオンラインコンサート発売と同時にお申し込み下さったお客様、どうもありがとうございます。
私のやる気が素直にプラスされます!
感謝です。

さて、先日来日キャンセルになったクリストフ・ルセからメッセージを頂戴しましたので、ここに和訳させていただきました。
ルセとは同じ製作家のチェンバロを愛用していると言う共通項があり、親しく連絡を取り合っています。
以下、クリストフ・ルセからのメッセージです。

『今日は自分は日本にいるはずでした。
東京と大阪でのリサイタル。なのにコロナのせいで中止になってしまい、とても残念な気持ちです。

演奏家にとって、聴衆を前にすることなく、家の中で1人で弾くしかない、この辛い状況のストレスは大変なものです。 自分が昔から深い交友関係をもっている大好きな日本の方々を想います。
(昨年10月には日本に来たので1年は経っていないですが)

今回のリサイタルは来年3月に延期になりました。
世界中の衛生環境が元に戻り、皆が安心して平和に自由に移動し、音楽を中心に再会できることを願っています。

今月みなさんと一緒にいられないことは本当に悲しいですが、 地球全体が安堵の日を迎えることを心から祈ります。
近い将来に会いましょう、この状況の中、頑張って耐えてください。
ヨーロッパでも、できることをしながら闘っています。 大好きな日本の聴衆の皆さんへ。』

<事務局より追記です>
上記のクリストフ・ルセさんからのメッセージは、音声(肉声)でいただいていますので、9月27日のオンラインコンサートでお聴きください。
The following two tabs change content below.
Mayako

Mayako