Pick Up

コンサートのお知らせ

曽根 麻矢子 プロデュース
チェンバロの庭 vol.2〈ヴェルサイユの庭〉 (東京 代々木八幡)


hakuju cembalononiwa-vol2

チェンバロの庭シリーズ第2弾は、ヴェルサイユの庭です。
フランスのチェンバロ曲は、溢れる宝箱のよう。今回はヴェルサイユの生活を連想させるようなタイトルを集めてみました。

尚、公演に関しましての曽根麻矢子メッセージ、また、他演奏会情報につきましては、スケジュールのページをご覧くださいませ。

第5回チェンバロフェスティバルの日程が決まりました。
次回のチェンバロフェスティバルは、2018年6月29日(金)、30日(土)、7月1日(日)の3日間です。会場は前回に続いて浜離宮朝日ホールです。テーマなどは追ってお知らせいたします。

※ facebook公式ページについてのお知らせ:
曽根麻矢子オフィシャルWebSiteをご覧いただき、ありがとうございます。
本サイトでは、ブログの内容をfacebook曽根麻矢子公式ページに自動配信しています。ブログの定期購読をご希望の方でfacebookアカウントをお持ちの方は、どうぞfacebook公式ページで「いいね!」をお願いいたします。記事のシェアやコメントの書き込みもしていただけます。



Mayako Sone プロフィール

桐朋学園大学附属高校ピアノ科卒業。高校在学中にチェンバロと出会い、1983年より通奏低音奏者としての活動を開始。
1986年ブルージュ国際チェンバロ・コンクールに入賞。その後渡欧を重ね、同コンクールの審査員であった故スコット・ロスに指導を受ける。ロスの夭逝後、彼の衣鉢を継ぐ奏者としてエラート・レーベルのプロデューサーに認められ、1991年に同レーベル初の日本人アーティストとしてCDデビューを果たした。
以後イスラエル室内オーケストラのツアーや録音に専属チェンバリストとして参加するほか、フランスおよびイタリア等のフェスティバル参加、現代舞踊家とのコラボレーションなど国際的に活躍。
日本国内でもリサイタル、室内楽と積極的な音楽活動を展開するとともにテレビ、ラジオへの出演、雑誌「DIME」でのエッセイ連載、「いきなりパリジェンヌ」(小学館)の刊行など多才ぶりを見せている。

録音活動も活発に行い、エイベックス・クラシックスよりCDを多数リリースしている。

また、2003年からの全12回、6年にわたるJ.S.バッハ連続演奏会(浜離宮朝日ホール)に続き、2010年から2014年まで全12回のF.クープランとラモーのチェンバロ作品全曲演奏会(上野学園エオリアンホール)を行い、いずれも好評を博した。
1996年「第6回出光音楽賞」をチェンバロ奏者として初めて受賞。1997年飛騨古川音楽大賞奨励賞を受賞。

2011年よりスタートした「チェンバロ・フェスティバルin東京」では芸術監督をつとめている。上野学園大学特任教授。
所属事務所は、AMATI。AMATIホームページは こちら http://amati-tokyo.com/です。



ブログ更新!

2017年12月8日 サンタさんがやってきた! の記事を追加致しました。
2017年11月16日 マラン・マレのリハーサル風景 の記事を追加致しました。
2017年11月13日 Millésime2012 キャステル・リエバで乾杯! の記事を追加致しました。
2017年10月11日 映画《めぐり逢う朝》 の記事を追加致しました。
2017年10月1日 再放送のお知らせ の記事を追加致しました。