Pick Up

facebook公式ページについてのお知らせ:
曽根麻矢子オフィシャルWebSiteをご覧いただき、ありがとうございます。
本サイトでは、ブログの内容をfacebook曽根麻矢子公式ページに自動配信しています。ブログの定期購読をご希望の方でfacebookアカウントをお持ちの方は、どうぞfacebook公式ページで「いいね!」をお願いいたします。記事のシェアやコメントの書き込みもしていただけます。

夏のマスタークラス(9月4日(日))詳細決定のお知らせ


lesson すっかりおなじみになりましたあの「白い楽器」を使った曽根麻矢子チェンバロマスタークラスを、9月4日に東京で開講いたします。詳細はこのサイトのスケジュールページをご参照ください。
受講・聴講のお申し込みは、レッスンのページからお願いいたします。
曽根麻矢子の東京での初めてのマスター・クラスです。David Leyの楽器を弾いていただける貴重な機会でもあります。丁寧な指導で各地で好評の曽根麻矢子マスター・クラス、ぜひ、ご参加ください!

※ 受講のお申し込みは、定員に達しましたので締め切りました。聴講はキャンセルがありましたので、聴講ご希望の方がいらっしゃいましたらお知らせくださいませ。→(8/31)聴講も締め切らせていただきました。11月にもマスタークラスを予定しております。詳細は後日お知らせいたします。

※ 宮崎(9月)、福岡(10月)のマスタークラスについても、スケジュールのページをご参照ください。


第4回チェンバロフェスティバル 2016年7月1日~3日。

大好評のうちに閉幕いたしました。ありがとうございました!


※ 次回については、まだ日程等決まっておりません。決まりましたらこのサイトでもお知らせいたします。
※ 2016.7.2:曽根麻矢子が、初日のリサイタルを終えて、皆様へのご挨拶、お礼をブログに書かせていただきました。

     カーテンコール 3日目のオール出演者 スタッフの皆さんと共に (C)青柳聡
grand finale
     終演後の記念写真を、浜離宮朝日ホールさんからいただきました
cemfes after
     2日終演後、最終日の協奏曲リハーサル風景
3cembalo-4b



* 第4回チェンバロ・フェスティバルin東京は、終了いたしました。下記は開催前のメッセージです。*
 

2年間おやすみしていました、チェンバロフェスティバルを、装いも新たに浜離宮朝日ホールで開催いたします。
今回は、バッハをテーマにたっぷりチェンバロをお楽しみいただける3日間です。

魅力的な出演者、フェスティバルならではのプログラム、そしてさまざまなタイプの楽器の展示、体験試奏や公開レッスンなど、チェンバロに出会ったばかりの方にも、チェンバロの大ファンという方にも、楽しんでいただけるように企画しました。

ホールのサイト内に、チェンバロフェスティバルの特設ページが開設されていますので、出演者やプログラムはそちらをご覧ください。 チェンバロフェスティバル特設ページ

J.S.バッハのチェンバロ協奏曲全曲(もちろん、1台のための・・だけではありません!)が一度に聴けるのは、チェンバロフェスティバルならでは。

そして、初日の「曽根麻矢子チェンバロ・リサイタル」は、ついに「J.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲集 第2巻」です。曽根麻矢子がBook2(第2巻)を弾くのはこれが初めて。Book2の魅力に新たに出会えるコンサートになるでしょう。

チェンバロ協奏曲全曲演奏会は、第1回(7月2日)、第2回(7月3日)ともにチケット完売しいたしましたが、3つのリサイタル-7月1日曽根麻矢子、7月2日鈴木優人(共演:三宮正満)、7月3日渡邊順生&大塚直哉-は、それぞれいくらかお席が残っております。
楽器の展示や無料のイベントもございます。

浜離宮朝日ホールへのご来場、心からお待ちしています!

6月はこのサイトのブログにもチェンバロフェスティバルにまつわることをいろいろ書いていますので、そちらもどうぞご覧ください。



Mayako Sone プロフィール

桐朋学園大学附属高校ピアノ科卒業。高校在学中にチェンバロと出会い、1983年より通奏低音奏者としての活動を開始。
1986年ブルージュ国際チェンバロ・コンクールに入賞。その後渡欧を重ね、同コンクールの審査員であった故スコット・ロスに指導を受ける。ロスの夭逝後、彼の衣鉢を継ぐ奏者としてエラート・レーベルのプロデューサーに認められ、1991年に同レーベル初の日本人アーティストとしてCDデビューを果たした。
以後イスラエル室内オーケストラのツアーや録音に専属チェンバリストとして参加するほか、フランスおよびイタリア等のフェスティバル参加、現代舞踊家とのコラボレーションなど国際的に活躍。
日本国内でもリサイタル、室内楽と積極的な音楽活動を展開するとともにテレビ、ラジオへの出演、雑誌「DIME」でのエッセイ連載、「いきなりパリジェンヌ」(小学館)の刊行など多才ぶりを見せている。

録音活動も活発に行い、エイベックス・クラシックスよりCDを多数リリースしている。

また、2003年からの全12回、6年にわたるJ.S.バッハ連続演奏会(浜離宮朝日ホール)に続き、2010年から2014年まで全12回のF.クープランとラモーのチェンバロ作品全曲演奏会(上野学園エオリアンホール)を行い、いずれも好評を博した。
1996年「第6回出光音楽賞」をチェンバロ奏者として初めて受賞。1997年飛騨古川音楽大賞奨励賞を受賞。

2011年よりスタートした「チェンバロ・フェスティバルin東京」では芸術監督をつとめている。上野学園大学特任教授。
所属事務所は、AMATI。AMATIホームページは こちら http://amati-tokyo.com/です。



ブログ更新!

2016年7月29日 新・福岡古楽音楽祭 受講申し込みは7/31まで の記事を追加致しました。
2016年7月26日 夏のマスタークラス(東京) 詳細が決まりました! の記事を追加致しました。
2016年7月26日 日本ワインに目覚めた日 の記事を追加致しました。
2016年7月25日 今日は山梨のワイナリー! 続き の記事を追加致しました。
2016年7月25日 今日は山梨のワイナリー! の記事を追加致しました。