生まれ年ワイン

ワイン仲間との新年会で、自分の生まれ年ワインをいただきました。 1964年のラフィットロートシルドです。 とても素晴らしい状態でした! 雨に濡れた枯葉の様な香り… 素晴らしい熟成感を堪能させていただきました。 インディさ […]

続きを読む »

2016年2月28日水戸奏楽堂

久しぶりに水戸奏楽堂に参ります。 いったいどこにホールがあるの?!という様な周りの景色の中に突然現れるカッコイイ建物。 70席の小さなホールですが、外まわりからエントランスから、とにかくセンスの良さに溢れています。 ここ […]

続きを読む »

カルテット in UENO

乾燥が強い季節になりました。 ボネコちゃん一台じゃ足りなくて新しい加湿器を導入!実力のほどは如何かな? 冬のチェンバロは乾燥との戦いなのです・・・ さて、普段ソロが多いので、合わせものってリハ初日までがちょっと心配、音合 […]

続きを読む »

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます、公式サイト事務局です。 旧年中は、たいへんお世話になりました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 皆さまにとって、今年1年が良い年でありますように。 そして、素晴らしい音楽が皆さまと […]

続きを読む »

シャンパーニュで乾杯

ガンバソナタの本番の後、寄り道もせず家に帰り、近所の親友ピーちゃんと祝杯。 私のお誕生日プレゼントにファンの方から頂戴したシャンパーニュを開ける日を迎えたのです。(コンサート前は開けずに我慢。) マイイのグランクリュ「レ […]

続きを読む »

楽器はこんなふうに梱包します

スタッフHです。 チェンバロは、ご存知の方はご存知のように、実は本体と脚を分解することができます。そして、ホールに持って行くときは、分解して梱包して運ぶのです。 白寿ホールのコンサートにもそうやって、運びました。写真は、 […]

続きを読む »

HAKUJU HALLでのリサイタル、本当に幸せな時でした。

普通、ホール主催のリサイタルで「クープラン一族のプログラム」なんて提案したら、断られます。 「もう少しわかりやすい曲を! 知ってる曲をお願いします」って。 なので、OKのお返事をいただいた時には正直驚きました。 「HAK […]

続きを読む »

そしてフランソワ・クープラン

前回は、ルイ・クープランのことを書きました。クープラン一族といえば、フランソワ・クープランはご存知の方も多いかもしれません。ルイは、そのフランソワの叔父にあたる人です。 今日は、フランソワについて。 今回のコンサートでは […]

続きを読む »

クープラン一族

即興感溢れるプレリュードの冒頭です。湧き出てくる和音の流れが持つエネルギーと情感の紡ぎ合い。 中間部のフーガにおいても絶妙なニュアンスの進行に、魅力は尽きない。 16歳の頃には、このフーガの中に存在する「表情」は全く見付 […]

続きを読む »

山口の皆さま、ありがとうございました&リサイタル直前の日々

スタッフHです。 山口のコンサートを楽しく終えて無事東京に戻った曽根麻矢子は、リサイタル最終仕上げモードに突入しております。 山口の皆さま、そして、太田さん、ありがとうございました(と、本人からのお礼、代筆で恐縮です)。 […]

続きを読む »
13 / 14« 先頭...1011121314